faxdmを始めるなら今ここで差をつけよう

何よりもfaxdmの業者を選ぶうえで重要なのは価格です。価格が安ければ安い方の業者が良いのですが、一体何を基準に安さを判断すればよいのでしょうか。まずイニシャルコストがあるかないかです。イニシャルコストとは設備を新しく導入した際に必要となる初期費用のことです。そもそもFAX送信代行サービスにイニシャルコストは必要なのでしょうか。それを踏まえた上でもイニシャルコストをチャージしない業者の方が低価格で良いでしょう。次にFAX送信単価がいくらになっているのか、課金体系はどうなっているのかを比較しましょう。FAXを送信できた分だけ課金する、また自動でリダイアルしてくれるサービスがある業者を選ぶと良いでしょう。割増料金があるかないかも重要なポイントとなります。一見送信単価が安い業者でも、宛名印字など別途料金が発生するところがあります。割増料金を含めた上で安い業者なのか見極める必要があるのです。

faxdm業者選びのポイントや品質と利便性について

faxdm業者を選ぶ際に次に大事なのは、品質と利便性です。特に、faxdmでレンタルリストを使用する際はリストの質が大切です。保有リストが多く、リストのメンテナンスを数か月に一度はしているという業者を選びましょう。また、今のFAXはとても高性能ですので、1時間に1万件程配信できるような高速配信に対応していたり、申し込みと同時に即配信してくれるようなシステムを持っているところを選ぶことが大事です。更には宛名差し込み印字に対応しているところを選びましょう。ヘッダー部分に宛名が印刷されているとレスポンスが上がります。これは非常に重要なことですので、無料で原稿内に宛名印字をしてもらえる業者を選びましょう。また、多くの業者はメールでの問い合わせのみとなっているのですが、困ったときにすぐ解決できる電話でのサポート体制が整っている業者はポイントが高いです。

faxdm業者選びのポイントや信頼性について

faxdm代行サービスを専業で行っているのか、他の業務と兼業で行っているのか、規模の大きさなど様々な業者が存在します。信頼できる業者を選ぶポイントは何なのでしょうか。まずはfaxdm業者としての業務歴の長さです。業務歴が長いということは、それだけお客さまから支持されているということになります。また、業務歴が長いと多くのノウハウを持っていますので、安心できる材料にもなります。自社リストを持ち込む際は、セキュリティ対策についても気になります。その点での判断材料はPマークを取得しているかどうかです。Pマークを取得しているということは、個人情報保護に関する規定を社内で作成しており、検査機関の審査を受けた上で認定されているfaxdm業者ということになります。また、配信結果をちゃんと納品してもらえる業者を選ぶことも大事です。本当に配信されたのか、どこに配信されているのかを確認できる大切な手段です。

2016年7月29日